2009年10月13日

秋の市民文化祭がはじまります

「秋の市民文化祭」

主催:市民文化祭運営委員会 後援:夕張市教育委員会 助成:幸福の黄色いハンカチ基金

 

「がんばる市民文化祭」

・展示発表(一般市民の作品)

  • とき 1017()24()午前9時から午後7
  • ところ 清水沢地区公民館 夕張市清水沢宮前町1番地

 

市民の作品募集:編み物、押し花、盆栽、人形、陶芸、木工芸、絵画、書道、写真、俳句、短歌、川柳など分野は問いません。1016()午後1時から3時まで会場にご持参下さい。おいてある出品表に記入し作品に貼り付けておいて下さい。

 

※出品料・入場料は無料です。

問い合わせ:佐々木(090-9522-8372)、源藤(090-2698-2041)

 

「ゆうばり文化祭り」

・芸能発表

  • とき 1017()午後1時より
  • ところ アディーレ会館ゆうばり(旧夕張市民会館) 夕張市本町4丁目
  • 出演 民謡、日本舞踊、詩吟、詩舞吟、カラオケ、よっちゃれ、夕張太鼓他市内団体

・展示発表(市内児童とキルト作品)

  • とき 1017()25()
  • ところ アディーレ会館ゆうばり(旧夕張市民会館)旧レストラン

・キルト教室 1024()午前11時から 講師:花みずき工房 石見安子氏

 

※入場料・参加料とも無料です。

問い合わせ:市民会館運営委員会(0123-53-2637)

posted by 事務局 at 2009年10月13日 | Comment(0) | TrackBack(2) | お知らせ&プレスリリース

2009年09月12日

ゆうばり市民会館の命名権 アディーレ法律事務所と契約

関係者各位

ゆうばり市民会館の命名権 アディーレ法律事務所と契約
新名称は「アディーレ会館ゆうばり」

NPO法人ゆうばりファンタ

 平素より大変お世話になっております。

 2007年3月の夕張市財政再建団体入りにより閉鎖されていた「夕張市民会館」(北海道夕張市本町4丁目)。当施設は「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」のメイン会場として親しまれています。同年11月より当法人が夕張市より無償貸付を受け「ゆうばり市民会館」として再開、市内の文化団体を中心とした「市民会館運営委員会」(特定非営利活動法人ゆうばりファンタ)により自主運営を行って参りました。

 運営再開以来、会館施設の命名権(ネーミング・ライツ)を有償で募集しておりましたところ、このたび代理店を通じて弁護士法人アディーレ法律事務所様(東京弁護士会所属・代表弁護士:石丸幸人)と契約することが決定いたしましたのでご報告いたします。

 個人と企業の債務整理実績が豊富なアディーレ法律事務所様から「ゆうばり市民会館の命名権取得を通じて、夕張の再生を応援したい」との意向をいただき、今回の契約の運びに至りました。契約期間は本年10月1日から3年間を目処とし、新名称は「アディーレ会館ゆうばり」となります。

 現在会館は、入居する4社のテナント料、各種団体・企業のイベントや会議などによる利用収入及び多くの皆様からの寄付などにより運営をしておりますが、本契約により会館運営継続への大きな力となることは間違いなく、市民による夕張市再生のシンボルとしての市民会館が新たな一歩を踏み出せることに感謝いたします。
代表理事:澤田直矢のコメント
「このたび、弁護士法人アディーレ法律事務所様と市民会館の命名権について契約できることに感激しております。アディーレ法律事務所様は人生・事業の再スタートを応援するエキスパートと存じておりますが、まさに夕張の市民による再生を応援いただくことになりました。これまで支援いただいた皆様にも感謝し、早速のご報告をしたいと考えております。また、今後とも新たな名称となった「アディーレ会館ゆうばり」をよろしくお願いいたします。」
お問い合せはnpo@yubari.sakura.ne.jpまでお願いいたします。
posted by 事務局 at 2009年09月12日 | Comment(1) | TrackBack(12) | お知らせ&プレスリリース

2009年07月02日

福島県大熊町の皆さんが視察

 7月2日、福島県大熊町の石田忠文町議会議長と総務文教常任委員会の皆さん6名、町職員3名様が視察のため夕張市を訪れ、市民会館で当法人会員と意見交換を行いました。

 大熊町は太平洋に面した福島県の東に位置し人口約1万1千人。夕張市とはほぼ同じ人口規模の町で、東京電力の福島第一原子力発電所があることでも有名です。

 主に、市民会館や映画祭の市民が中心となっての運営について活発な質疑が飛び交いました。
P1030852.JPG
posted by 事務局 at 2009年07月02日 | Comment(1) | TrackBack(1) | お知らせ&プレスリリース

2009年04月10日

ゆうばり映画祭応援イメージソングが入ったユーミンのニューアルバムが発売中!

松任谷由実さんの歌う2009年のゆうばり映画祭応援イメージソング「まずはどこへ行こう」がコンパイルされたNEWアルバム「そしてもう一度夢見るだろう」がEMIミュージック・ジャパンから絶賛発売中です。


yuming_album.jpg


当法人代表理事・澤田直矢のコメントです。

  • 松任谷由実さんの魅力とは、常に一歩先の時代とリンクする独自のセンスと、先進的かつ普遍的な音楽性、そして彼女自身の魅力的なパーソナリティが絶妙のバランスで成り立っているところです。ユーミンの楽曲が具体的な映像を伴って個人的な思い出と結びつくリスナーも多いはず。ゆうばり映画祭もそんな彼女の魅力に一歩でも近づきたいと日々奮闘しています。
    今回、縁あってユーミンご本人から「応援」をいただけたことは光栄の極みです。「まずはどこへ行こう」が訪れた皆さんのゆうばり映画祭の記憶と強く結びついていただければこんなに嬉しいことはありません。


posted by 事務局 at 2009年04月10日 | Comment(2) | TrackBack(1) | お知らせ&プレスリリース

2009年04月03日

当サイトのシステムメンテナンスについて

平素より当サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。下記の日程におきましてサーバーのメンテナンスを実施いたします。

期間中、ご覧の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程お願い申し上げます。

< 記 >


 作業日程:2009年4月8日(水) 午前2時00分 - 午前6時00分
      ※終了時間は、作業の進行状況により前後する場合があります。予めご了承ください。

 作業内容:システムメンテナンス

 影響範囲:メンテナンス中は、閲覧及びコメントなど、全てのサービスが停止いたします。
posted by 事務局 at 2009年04月03日 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ&プレスリリース

2009年02月06日

「復活! ゆうばり映画祭」が北海道新聞社より発売になります。

夕張市の財政破綻でいったんは中止に追い込まれた「ゆうばり映画祭」。映画とふるさとを愛する市民が、自分たちの手で復活させるまでの600日を 追ったドキュメントです。「ゆうばり再生」の象徴ともいえる映画祭復活を心の糧として、たくましく生きる市民の姿を描くルポや、映画人たちのメッセージも 多数収録。
 

書名     復活! ゆうばり映画祭
編者     ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員会
定価     1500円(本体1429円)
発売日    2月25日
判型     四六判、176ページ、モノクロ

Jo[.jpg
映画祭期間中、市民会館でお売りしています。

○北海道内にお住まいの方
お近くの書店または北海道新聞販売所へお申し込みください

○北海道外の方
お近くの書店または「北海道新聞の本」ホームページ
http://www.aurora-net.or.jp/doshin/book/ へお申し込みください
posted by 事務局 at 2009年02月06日 | Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ&プレスリリース

2008年07月31日

「CUE DREAM JAM-BOREE 2008」の出店について

husai.jpg

2008年8月9〜10日に行われます「CUE DREAM JAM-BOREE 2008」におきまして、下記の商品を販売いたします。

ご来場の際は、是非足をお運びください。

○夕張夫妻Tシャツ
○夫婦えんまんじゅう(10個入り)
○夕張メロンゼリー(20個入り)
○夕張メロンまんじゅう
○うさぎ屋シナモンドーナツ(6個入り)など

posted by 事務局 at 2008年07月31日 | Comment(0) | TrackBack(1) | お知らせ&プレスリリース

2008年07月26日

市民会館スケジュールを公開しました。

トップページにゆうばり市民会館の予約状況を掲載しました。
ご利用の際の参考にどうぞご覧下さい。
なお、ご予約・ご相談はメールか、お急ぎの場合は事務局までお電話でお願いいたします。
 
皆さんのご利用により市民会館の運営が成り立ちます。
ゆうばりでのイベント・会議などには積極的にお声掛けをお待ちしております。
posted by 事務局 at 2008年07月26日 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ&プレスリリース

2008年06月11日

水野晴郎さんへのお悔やみ

映画評論家で映画監督の水野晴郎さんが6月10日お亡くなりになりました。
水野先生は2002年に『シベリア超特急3』でゆうばり映画祭に初参加されてから、映画祭以外にも町内会のイベント(!)など何度も夕張の地を訪れていただき、夕張の市民にとりましてもとても親しみ深い方でした。また、この映画祭を通じて出会った若い才能たちへのケアもしていただいております。
2002年には水野先生が実行委員長を務める「日本映画批評家大賞」におきまして「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭実行委員会」が特別賞をいただいたことも懐かしい思い出のひとつです。
当法人の会員一同またお会いできるのを楽しみにしておりましたが、突然のしらせに言葉もありません。
この場を借りまして、謹んで哀悼の意を表するとともに、ゆうばり映画祭への応援に対しまして改めて感謝いたします。
ご冥福をお祈りいたします。

 

NPO法人ゆうばりファンタ代表理事 澤田直矢

posted by 事務局 at 2008年06月11日 | Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ&プレスリリース

2007年10月01日

旧夕張市民会館の借受及び補修について

2007年10月1日

関係者各位
特定非営利活動法人ゆうばりファンタ
代表理事 澤田直矢



旧夕張市民会館の借受及び補修について



 夕張市による貸付募集をしていました「旧市民会館」について、当法人を借受人とする不動産貸借契約を本日付で夕張市役所と結ぶことになりました。賃借料は無償ですが、維持・管理に関する費用については借受人の負担となりますので、夕張市内の文化団体・芸能団体を含めた「旧夕張市民会館運営委員会」を直ちに設け、11月中旬の正式オープンを目処とした今後の事業計画・資金計画の策定を急いでおります。建物の命名権販売及び寄付・協賛の募集につきましても正式に開始いたします。
 また、「旧市民会館」の復活について懸案でありました屋根防水の修理・電気設備関係の点検に関して、全国コンパック工業会北海道ブロック様及び北海道テクニカルシステムエンジニア株式会社様の全面的なご協力のもと、市民自らの手で10月上旬より工事の施工を開始いたします。
 さらに、今回の契約締結により「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2008」(2008年3月19日より北海道夕張市にて5日間開催)の主会場として旧市民会館を使用する目処がつきましたことも併せてご報告させていただきます。
 旧市民会館及び映画祭ともども当法人の活動に関しまして関係者の皆様には格段のご支援・ご協力をお願いいたします。

※このリリースに関するお問い合わせ先

NPO法人ゆうばりファンタ 旧夕張市民会館運営委員会
〒068-0425夕張市若菜8番地(有)久保田総合印刷内 
電話0123-56-6011(担当:小澤) FAX 0123-56-6012
e-mail:npo@yubari.sakura.ne.jp URL:http://yubari.org/

※なお、この件については以下の報道もご参照ください。
朝日新聞 2007/9/30北海道版
共同通信2007/9/29配信分(東京新聞西日本新聞日刊スポーツなど)
北海道新聞 2007/9/30岩見沢版
毎日新聞 2007/9/30
読売新聞 2007/9/30北海道社会面
このほか、NHK、HBC、STV、tvhなどのニュース番組でも取り上げられる模様です。


posted by 事務局 at 2007年10月01日 | Comment(1) | TrackBack(1) | お知らせ&プレスリリース