2009年03月23日

ジョン・ボイトさんからのメッセージ

1990年に開催された第1回の「夕張国際ファンタスティック映画祭」。ヤング・ファンタスティック・コンペティション部門の審査委員長を務めたのが名優ジョン・ボイトさんでした。 “傷つき、苦しんだ人間ほど、強く、優しくなれる。それが夕張だ!”との名言を残してくれたのですが、この時、愛娘のアンジェリーナ・ジョリーを同伴していたのは結構知られた裏話となっております。

そんなジョン・ボイトさんが昨年の東京国際映画祭コンペ部門審査委員長として来日した際に、ゆうばりに対して改めてメッセージを送ってくれました。

voight_1.jpgvoight_2.jpg

Dear beautiful people of Yubari.
My heart is still there with you.
One day I would like to come back to you and visit it.
Love to you all!

Jon Voight
October 26,2008

(和訳)
親愛なる夕張の素晴らしい人々へ。
私の心はいまだあなたたちと共にある。
いつの日かあなたたちのもとへ再び戻りたい。
皆さんへ愛を込めて。
ジョン・ボイト
2008年10月26日
posted by 事務局 at 2009年03月23日 | Comment(3) | TrackBack(0) | 応援メッセージ
この記事へのコメント
1990年に開催された第1回の「夕張国際ファンタスティック映画祭」。
Posted by replica watches at 2015年09月09日 12:00
ヤング・ファンタスティック・コンペティション部門の審査委員長を務めたのが名優ジョン・ボイトさんでした。
Posted by breitling replica at 2015年09月09日 12:01
愛娘のアンジェリーナ・ジョリーを同伴していたのは結構知られた裏話となっております。
Posted by louis vuitton replica at 2015年09月09日 12:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27801022

この記事へのトラックバック